一般社団法人日本鰹節協会
| 協会概要 | 伝統食材“鰹節” | 食育活動 | 全国鰹節類品評会について |
| 鰹節で1品 | 情報公開 | データ集 | リンク | 会員専用ページ | TOP |
家庭用削り器紹介賞味期限と保存方法かつお節の削り方・だしの取り方鰹節で1品
鰹節で1品
■かつお節の削り方
 最近は料理店でも自分のところでかつお節を削るのは珍しく、たいていはかつお節問屋からその日に使う分を削って届けてもらうのが一般的です。自ら削って、削りたての鰹節を使いたい―削りたてへのこだわりを大切になさる方のために、削り器などを使用したかつお節の削り方のコツをご紹介します。
 節はまず、まわりについたカビをタオルで拭き取ります。かつお節は逆目に削ると粉になりやすいので、押して削るときは頭側を手前にして削り器の上にのせます。
 削りはじめは節の安定が悪いので片手でゆっくりと削面をつくりながら動かします。大きい面ができたら片方の手ものせ、力強くリズミカルに削ります。
 かつお節は身割れがあると粉ができやすくなります。それを粉かつおと言いますが、それは別にとっておき、大根おろしに混ぜたり煮物に使って役立てます。
■だしの取り方
だしの取り方 だしの取り方 だしの取り方
(1)水1リットルを鍋で沸騰させます。
(2)30グラムほどの削り節を入れ、弱火で1分煮出します。(時間はお好みで調整して下さい。)
(3)削り節をこし布やザルでこして出来上がりです。 お味噌汁、煮物、そば、うどんつゆなどにお使い下さい。
一般社団法人 日本鰹節協会 個人情報の取扱いについて mailお問合せ
Copyright (C) 2009-2019 Japan Katsuobushi Association All Rights Reserved.